2010年10月03日

アンテナ

 私が住んでいる神戸市垂水区は、生駒山からの
VHF(1〜12チャンネル)の電波ではなくて、
淡路島の北端にある中継所からのUHFの電波を
受信しているのですが、我が家の周辺は、淡路の
北淡中継局との間に明石海峡大橋があり、その影響を
受けてゴーストが発生する為に、JB本四高速鰍フ
受信障害対策を受けています。

 淡路の北淡中継局からの電波を、更に須磨浦公園
にある鉢伏山の頂上の中継局でSHFに変換されて
我が家ではパラポラアンテナで受信しています。
この受信障害対策もアナログ放送の終了と共に
打ち切りになるとの通告を受けたので、淡路の
北淡中継局からの電波を受けるためにUHFの
アンテナが必要となりました。

 ネットで平面アンテナを注文しました。



 ブースター内蔵型のスグレ物で、3分配や4分配
しても受信レベルが確保できそうなので、これを
選びました。

 先週、1階のリビングルームと2階のベランダとの
間に、同軸ケーブルを通しました。簡単に通ると
思ったのですが、ケーブルが、予定していた穴を
通らず、エアコンの穴を利用しました。最初は
細い線を通して、それにケーブルをつないで
貫通させました。15メートルのケーブルを購入
したのですが、長さは結構ギリギリでした。
余裕を見て20メートルを買えばよかったと思って
います。

 先週は、ケーブルを通しただけでしたので、
ケーブルの両端のコネクターの装着から始めました。
スズメッキされた銅線網組とアルミ箔との2重の
シールドになっているので、しっかりとコネクターが
固定されました。



 回りの家のアンテナの向きを参考にして置く方向を
定めて、平面アンテナをベランダに仮置きしました。
垂直偏波なので、仮置きは楽です。受信状態はOKでした。



 我が家は、まだブラウン管のテレビで地デジ対応では
なくて、DVDレコーダもアナログのみなので、
アナログ波での確認ですが、3分配した状態でも受信
レベルはOKでした。

 ただ、明石海峡大橋の影響だと思いますが、アナログ
放送では若干ゴーストが気になります。また神戸空港に
着陸する航空機がかなり低空で明石海峡の上空を通過
するので、航空機通過時のゴーストもアナログ波受信時
には気になることと思います。
posted by student at 19:59| 日記