2010年07月31日

霧の海峡と、再び淡路

一昨日の木曜、神戸は一日雨…

 そして昨日の朝、舞子海岸から見る海峡には
霧がかかって、明石海峡大橋も淡路側は
霧でかすんでいました。



 自転車で林崎海岸まで来ると、ちょうど
ラジオ体操が始まったところでした。子供たち
よりも、年配の方々のほうがずっと多かったです。



 林崎海岸から江井ヶ島海岸の間の砂浜沿いに
続く浜の散歩道は、屏風ヶ浦の景色が続きます。



 江井ヶ島海岸は自宅から15キロ、ここで
ひと休みして上を見上げると椰子の木が…



 汗だくになって大蔵海岸まで戻ってきました。
ここからの海峡の景色も大好きです。



 狭い明石海峡いは、海峡を横断する船、漁場に
向かう昼網の船、海峡で漁業をする船、そして
海峡の間を行き来するフェリーと連絡船が行き交い、
明石海峡はかなり混んでいます。



 30キロ走ってシャワーを浴びて通勤の電車に
乗って…

 帰りに神戸駅で途中下車しました。Duo神戸では
縁日を模した屋台風の店が並んでいました。





 そして今朝、先週に続いて淡路島へ、
淡路・岩屋行きの連絡船は、いつもと違って
小型の船です。岩屋へ向かう自転車は
私以外に2人…



 朝夕の時間帯は、2隻の連絡線が岩屋と明石の
間を20分毎に結んでいます。同じ時刻に岩屋を
出た連絡船が海峡の真ん中ですれ違いました。



 岩屋から東海岸の国道28号線沿いに10キロほど
南下すると浦の町、流れる浦川はびっしりと葦が
生い茂っていました。



 四国を中心に店舗が広がるスーパーのマルナカ、
山陽マルナカの店舗が岡山県を中心に幾つかの
店舗がありますが、ここ東浦にもマルナカが進出
しています。



 このマルナカがあるのは、旧東浦町の町役場の
道路を隔てた向かい側、現在は淡路市東浦事務所
です。



この附近が旧・東浦町の中心で、松帆神社が
近くにあります。



 浦の海岸、中浜の砂浜に足を踏み入れると
砂浜で休んでいた水鳥が一斉に飛び立ちました。



帰路の連絡船からの海峡の眺めです。




posted by student at 17:23| 日記