2010年07月21日

サンマ・タイム〜朝の港町

ここ数年、梅雨明け後の夏は、私なりの
サンマ・タイム…

 マンガ・サザエさんの単行本の第1巻だったか
第2巻だったかに、サンマ・タイムという表現が
あり、「?」だったのですが、これは昭和20年代
に導入されたサマー・タイムを当時は、サンマ・タイム
と一般に呼ばれていたそうです。

 私のサンマ・タイムは…5時に起きて、朝飯前に
1時間半から2時間、朝のサイクリングを愉しむ
ことです。普段は始業時間よりかなり早目に職場に
入っているのですが、サンマ・タイムの間は、
ぎりぎりに出勤ということになります。

 今日はサンマ・タイムの初日…

 舞子海岸沿いの国道2号線に架かる歩道橋・
しょうらいばし(松籟橋)から見た明石海峡
大橋です。移情閣と明石海峡と、淡路の島影が
一望できるポイントです。



 国道2号線沿いの、この場所から見上げる
明石海峡大橋の光景が結構好きです。



 そして大観橋、明石の町の西、明石川の
もっとも河口に近い河口に架かる橋です。



 伊弉諾(いざなぎ)神社、明石漁港の
西の端近くにある神社です。



 この伊弉諾神社から東に100メートル
程の処にある伊弉冊(いざなみ)神社



 明石川の左岸(東)に広がる明石漁港には、
幾つかの神社と祠が点在しています。

 漁港には、古くからの漁村の面影を残した
町並みが残っています。



 伊弉諾神社から更に東に200メートルの
処には岩屋神社があります。岩屋とは、淡路島
の北端の町の名前です。



 さりげなく干しダコが…洗濯物のように
干されていました。




 漁港にあるガソリンスタンド、ここは自動車
というよりも漁船の給油がメインのようです。



エンジンを扱う店、



明石ネット、でもインターネットやパソコンの
店ではなくて、漁業で使う網(ネット)の店です。



 乗り合いの釣り船が、ちょうど出航するところ
でした。



 ブラブラとデジカメで写真を撮っていたので
2時間近く自転車で走って汗だくになってしまい
ました。でも走行距離は15キロ程です。

 帰宅してシャワーを浴びて、朝食を食べて出勤、
心地良い筋肉痛を感じました。

 JR京都線の事故の影響でダイヤが乱れて、
垂水駅のホームは凄い人、私の乗った上り電車は
積み残しがありました。電車の車間距離が短いのか
結構ノロノロ運転で、灘駅で遅延証明を貰いました。



遅延証明は久し振りに貰ったような気がします。

posted by student at 16:30| 日記