2010年05月04日

麦畑、れんげ草、菜の花

 5月の連休、神戸は快晴の毎日です。

 神戸市の西隣の稲美町…「稲が美しい」という町名ですが、
稲美町は西日本最大の六条大麦の生産地で、この時期は
麦畑が春の陽射を受けて青々と輝いています。

100504a.jpg

 麦秋を迎える頃の麦畑が続く光景も好きですが、田植え前
のこの時期の、すくすくと育つ大麦は見飽きないです。

100504b.jpg

 時折、中空高くヒバリの鳴き声が響き渡って、長閑な
春の香りが漂ってきます

100504c.jpg

田んぼは…れんげ草がちょうど花盛り、

100504d.jpg

 今も緑肥として栽培しているのか、幾つかの田んぼでは、
陽の光を受けて輝いていました。

100504e.jpg

 低いれんげ草を写真に撮るために、畦道に寝っころがる
ようにしていると、土の匂いが、また春を感じさせて
くれました。

100504f.jpg

そして菜の花…

100504g.jpg

 神戸では、八百屋さんで菜の花を見掛けることがない
のですが、地域によっては食用として栽培しているようです。
ここの菜の花畑は、緑肥としてではなくて観賞用のようです。

100504h.jpg

菜の花畑を見下ろす崖の上に登って…

100504i.jpg

穏やかな春の光が心地良かったです。
posted by student at 21:06| 日記