2010年04月04日

垂水の会

 4月になっても寒い日が続いていましたが、今日は
朝から快晴で、神戸でも桜の満開宣言。

 JR神戸線・垂水駅西口に午後1時に大学の先生お二人と
学生6名の計8人が集合して垂水フィールドワーク、
用意した資料は、

http://sense.citykobe.jp/lib/tarumi_0404.pdf

 天気が良いので、まずは五色塚古墳へ・・・
明石海峡を一望できる海沿いの丘陵地帯にある古墳、
千数百年前に目の前の海を支配していた豪族の墓
と言われている前方後円墳です。

100404a.jpg

 この辺りの丘陵地帯は、水の便が悪い丘陵地
だったのを、明石城主となった日向の守松平信之が
開墾して垂水新田となった地です。

 明治から大正にかけて、この丘陵地帯は観光用の
イチゴ畑や牧場が広がり、その後住宅地となり現在に
至っています。

 垂水の古い街、天ノ下(てんのした)、陸ノ町
(くがのまち)を経て日向(ひゅうが)にある鮨屋・
増田屋本店へ。日向という地名は、名君・日向の守
松平信之が由来だそうです。

 いつもは1階で海の幸を堪能するのですが、今日は
8人の団体なので2階へミニ会席料理と幾つかの
一品料理で・・・

100404b.jpg

 2時過ぎから海の幸とおしゃべりで5時前までの
2時間半ぐらい愉しみました。その後、海神社、
漁港方面を散策、

100404c.jpg

 お一人の先生は・・・酔いも回って、お疲れの
ようでした。

100404d.jpg

 日曜の午後、垂水の町を巡って海の幸を味わった
垂水の会は、集合場所に戻ってそこで解散。1時に
集合して解散したのが6時前、5時間のゆったりした
時間でした。
posted by student at 22:22| 日記