2010年07月31日

霧の海峡と、再び淡路

一昨日の木曜、神戸は一日雨…

 そして昨日の朝、舞子海岸から見る海峡には
霧がかかって、明石海峡大橋も淡路側は
霧でかすんでいました。



 自転車で林崎海岸まで来ると、ちょうど
ラジオ体操が始まったところでした。子供たち
よりも、年配の方々のほうがずっと多かったです。



 林崎海岸から江井ヶ島海岸の間の砂浜沿いに
続く浜の散歩道は、屏風ヶ浦の景色が続きます。



 江井ヶ島海岸は自宅から15キロ、ここで
ひと休みして上を見上げると椰子の木が…



 汗だくになって大蔵海岸まで戻ってきました。
ここからの海峡の景色も大好きです。



 狭い明石海峡いは、海峡を横断する船、漁場に
向かう昼網の船、海峡で漁業をする船、そして
海峡の間を行き来するフェリーと連絡船が行き交い、
明石海峡はかなり混んでいます。



 30キロ走ってシャワーを浴びて通勤の電車に
乗って…

 帰りに神戸駅で途中下車しました。Duo神戸では
縁日を模した屋台風の店が並んでいました。





 そして今朝、先週に続いて淡路島へ、
淡路・岩屋行きの連絡船は、いつもと違って
小型の船です。岩屋へ向かう自転車は
私以外に2人…



 朝夕の時間帯は、2隻の連絡線が岩屋と明石の
間を20分毎に結んでいます。同じ時刻に岩屋を
出た連絡船が海峡の真ん中ですれ違いました。



 岩屋から東海岸の国道28号線沿いに10キロほど
南下すると浦の町、流れる浦川はびっしりと葦が
生い茂っていました。



 四国を中心に店舗が広がるスーパーのマルナカ、
山陽マルナカの店舗が岡山県を中心に幾つかの
店舗がありますが、ここ東浦にもマルナカが進出
しています。



 このマルナカがあるのは、旧東浦町の町役場の
道路を隔てた向かい側、現在は淡路市東浦事務所
です。



この附近が旧・東浦町の中心で、松帆神社が
近くにあります。



 浦の海岸、中浜の砂浜に足を踏み入れると
砂浜で休んでいた水鳥が一斉に飛び立ちました。



帰路の連絡船からの海峡の眺めです。




posted by student at 17:23| 日記

2010年07月27日

二十一歳の夏

 7月の初旬頃に比べると、朝がずいぶんと
遅くなりました。1ヶ月ほど前は朝の4時半には
外はすっかり明るかったのですが、今は5時前
でも薄暗い状態です。

 朝5時ぐらい、曇っているというよりもモヤッと
した夏の朝、明石海峡大橋には、まだ朝日は
照りつけていません。



 よく見ると、昨日の十五夜(満月)の月が、
明石海峡大橋越しに播磨灘(瀬戸内海)に沈もうと
しているのが見えました。



 大蔵海岸(明石市)まで走ると、ここで朝日が
狩口台(神戸市垂水区)の高台から、ちょうど
昇っているのが見えました。でも真っ赤な朝日は
すぐに雲の中に隠れようとしています。



久し振りに体脂肪計を・

 体重は63.9キロ。目標は60キロちょっと
ぐらいなのですが、あと2キロほどの減量が、
ここ何年も出来ません。



 体脂肪率は13.2%。ひととき12%以下に
なっていたのですが、でもあまり無理をせぬように
しています。



基礎代謝1513キロカロリー/日、ひととき
1400程度に下がっていましたが、ようやく
標準程度に戻りました。 



 そして体内年齢…、これもひととき23才〜24才
になっていましたが、ようやく21才に戻りました。
21才のキープが当面の目標です。



 内臓脂肪レベルが6.5。この内臓脂肪レベルは
10段階で5が標準で6とか7というのは、内臓の
脂肪が標準より多いのかと思っていたら、実は勘違い
だというのを最近知りました。内臓脂肪レベルが
10以下だと「標準」、10〜15だと「やや高い」、
そして15〜30だと「高い」そうです。

 内臓脂肪レベルが6.5ぐらいの数値だと、
メタボリックシンドロームのボーダーラインの
近傍で黄色信号かと思っていましたが、一安心です。



そして筋肉量が52.6キロ、



骨量が2.9キロ



 脂肪分や炭水化物、アルコールの摂取が最近
過多で、かつ運動消費エネルギーが低かったの
改めて、梅雨明けとともに「生活習慣」を変えて
約10日。生活習慣病って、まさに生活習慣に
起因するんだなあ〜と実感しました。

 この夏・21歳の時をゆったりと愉しみたいなあ〜と

 …もうすぐ出勤です。窓の外からセミの鳴き声が
絶え間なく聞こえ、ようやく汗も退いてきました。
posted by student at 17:11| 日記

2010年07月26日

残り香〜夏の匂い

 昨日の日曜は、炎天下のサイクリングだったので、
一夜明けても疲労が残って、今朝のサイクリングは
お休み…と思ったら、筋肉痛も疲労感もなく、今朝も
元気よく5時過ぎに朝のサイクリングへ

 …これもプロテインの効果だと思い、今朝も
プロテインを飲んでから出発。

 浜沿いの国道2号線を西に走って、明石市に入ると
国道28号線との分岐点があり、フェリー乗り場まで
続いています。大蔵海岸の附近では、昨日走った淡路の
東海岸のような、ゆったりとした自転車が通行できる
歩道があります。



 明石川右岸の河口近くの公園で、ちょうど朝日が
射し込んできました。朝日は芝生を輝かせて…



 この公園でひと休みすると、汗が噴出してきました。
タオルで汗をぬぐっていると、プン〜と日焼け止め
クリームの香りが…。何度も入念に日焼け止め
クリームを重ね塗りしたのが、昨日のシャワーでは
完全に洗い流せなかったようで、首筋等に残っていた
ようです。

 そしてタオルからは、微かな潮の匂いが漂って
きます。昨日、ポシェットに入れていた予備のタオルで
モノの出し入れの時に、砂浜についた手から潮の
匂いが移ったのかもしれません。

 自宅に戻る途中で、小学校からたくさんの子供たちが
首からスタンプの紙をぶら下げて出てきました。



夏の朝、出勤前の眩しい光景…

 プロテイン効果で筋肉痛も疲労感もないので、
出勤前の短いサイクリングの時間に、今朝は
10キロの予定を頑張って18キロも走って
しまい、時間を気にしながら帰路を急いで自宅に
戻ると汗が噴出すように…。

 でも通勤時には筋肉痛も疲労感もなく、仕事も
難なくこなして…

posted by student at 17:04| 日記

2010年07月25日

淡路・東海岸

今朝、今シーズン初めて淡路島へサイクリングに
出掛けました。普段は朝ご飯の前なのですが、
淡路島への高速艇の時刻の関係もあって、ご飯を
食べてから出発。

 7時40分明石港発岩屋行きの便には、私以外に
親子が自転車で…



 自転車は高速艇の後部デッキにロープで結びつける
ようになっています。



 明石港を出て、すぐにスピードアップ。高速艇は
明石と淡路・岩屋との間の明石海峡を12分で
結んでいます。



真夏の暑い海峡は、熱気でモヤッとしていました。



十数分はアッという間で、岩屋港に着いて…



 岩屋からは、徳島へ至る阿波国道・国道28号線を
通って大阪湾沿いの東海岸を南下しました。洲本まで
31キロ、徳島まで85キロです。



 淡路・東海岸は、道路沿いに椰子の木があって、
神戸の街とは光景が大きく異なります。



下の写真の右の橋は、鳴門・淡路自動車道です。
自転車も走行出来るゆったりとした歩道があって
車を気にすることなく、安心してサイクリングが
できる区間です。




5キロほど南下すると東浦の町の中心にある
東浦バスターミナルへ



 ターミナルに入ってクールダウンと共に
ペットボトルのお茶を買って水分補給も・



 ここからは、明石海峡大橋を渡った舞子駅前と、
神戸・三ノ宮駅、そして山陽新幹線の新神戸駅へ
直行するバスが発着し、下りは津名や洲本等、
島内各地へ。このバスは舞子、三ノ宮経由の
新神戸行きのJRバスです。



 更に南下して仮屋の港町へ。ここの新聞配達所は
各新聞を全部取り扱っているようです。



 仮屋にある酒蔵・千年一酒蔵です。車だと
直販のお酒を買うのですが自転車なので…



仮屋漁港です。結構大きな漁港、背後には
釜口の大観音像が見えます。



 仮屋の町並みからは、釜口の大観音像が
何処からでも見えます。



 そして釜口、大観音像をバックに私の愛機、
ジャイアントのクロスバイクです。



 以前は家が建っていたのか、井戸と電気を
引き込む電柱だけが残っていました。



 ここも以前は家が建っていたようなスペース、
一面に花が鮮やかに咲き誇っていました。



 釜口の海岸で、砂浜近くで、小さな舟の上で
作業をされている姿がありました。



 あわじ地ビールの製造・直販所がありました。
自転車なので、ここも写真を撮るだけで…



東浦の海岸です。



 岩屋近く、鵜崎辺りまで戻ってくると、椰子の木の
向こうに明石海峡大橋が見えてきました。



 岩屋の町が近づくと、国道28号線の道幅も狭く
なって…、明石海峡大橋の手前の岩は、大和島で、
オノゴロ島伝説の候補地のひとつです。



そして石屋神社です。祭神が国常立尊、伊邪那岐尊
そして伊邪那美尊で、伊耶那岐命と伊耶那美命が最初に
降り立った処とも言われています。



 岩屋港にある絵島、いつも写真を撮ってしまいます。
今回も明石海峡大橋を入れて…



 岩屋の街を散策しました。なんだか昭和時代が、
そのまま残っているような雰囲気がする岩屋商店街
です。



日曜の朝で、閉まっている店が多かったです。



レトロな感じの銭湯、営業しているのでしょうか?



ここもレトロな感じの床屋さんと郵便ポストです。



雑貨屋さんが一軒営業していました。ここが
もっともレトロな感じがする店です。



岩屋の街を流れる茶間川、川沿いの家並みが、
なんだか風情があって、しばし橋から見惚れて
しまいました。



 この床屋さん、なんだか庶民的な感じが
します。



 岩屋ボートビル、高速艇の乗り場であり、島内の
バスのターミナルでもあります。



 中にはみやげ物屋さんがあり、淡路名産の
タマネギが店頭に並んでいました。



乗船券、大人1枚と自転車1枚で合計650円
です。バックに、ちょうど高速艇が到着した
ところです。



 改札口に並んで待っていると、降船した乗客が
次々と…



そして乗船…



行きにくぐった明石海峡大橋をくぐって、本州へ・



 明石港に到着、もうお昼前で、岩屋からの
乗客は結構多かったです。



 帰路は自転車は一人だけでした。他の乗客の最後尾に
なって上陸しました。



高速艇の近くで、昼網の昼市がちょうど…



ちょっと見学しました。



 遠巻きに見ていると、何が行なわれて、どうなった
のか、まったくわからず仕舞いでした。



 魚がどんどん流れて・・・昼市がどんどん
進んで、魚がどんどん運ばれて車に積まれていきます。



玉子焼き(明石焼き)のキムラヤ、凄い待ち行列が
出来ていました。私は、もう何年もこの店に入った
ことがありません。この行列に加わる勇気がありません。



 朝霧駅南のCoCo壱のカレーショップ前のひまわりの
花です。背後には朝霧駅の歩道橋・・・





 朝7時前に家を出て、帰宅したのは12時半頃、
約6時間のサイクリングでした。途中で補給した
水分は、ペットボトル4本で2リットル、出掛ける
前と帰宅後すぐに、それぞれ500ミリリットル
ぐらいの水分を補給したので合計3リットル。
脱水症状にはなりませんでしたが、汗がものすごかった
です。

 走行時間が2時半、走行距離が40キロで、
いつもより疲労が大きいはずですが、それほど
ヘタリませんでした。昨日買ったプロテインを
朝に飲んだお陰かもしれません。効率良く
栄養補給ができたのでヘタルことがなかった
のかなあ〜と。

 「絶対に焼けない」という日焼け止めクリームを
しっかりと塗ったのですが、かなり焼けてしまい
ました。肌のダメージが大きかったようで、尿素入りの
クリームをたっぷり塗って…


posted by student at 17:00| 日記

2010年07月22日

高山右近の町・林崎

 今朝は5時過ぎに家を出て、舞子海岸に到着した
時には、朝日がほぼ真横から明石海峡大橋に赤味の
帯びた光を浴びせていました。



 播磨灘の彼方の水平線近くに、海面から浮き上がった
ように見える大きな船・蜃気楼でしょうか?



 昨日は明石川の左岸に広がる明石浦漁港の近辺を
ウロウロしましたが、今日は明石川の右岸(西側)に
広がる林崎漁港へ・

 今の明石城と明石の町は、江戸初期に移転したもので、
それまでは船上城が明石のお城でした。この船上城は、
羽柴秀吉が天正13年(1585年)にキリシタン大名であった
高山右近に播磨国明石郡に新たに領地を6万石与えられ
時に居城としたお城です。その城下町の港が現在の
林崎漁港になります。高山右近が城主であった頃には、
大きな南蛮船が宣教師を乗せてこの港に出入りをした
ようです。

 港から、明石海峡大橋、そして淡路の島影が
望めます。 



漁港の脇に積まれたモノ、タコ壺…



 そして自宅近くまで戻ってきた時に、山陽電車の
踏切で遮断機が下りて…



 今日は20キロ走行しました。シャワーを浴びて
朝食を食べて気忙しく出勤しました。

 仕事帰りに、垂水駅のホームに下り立つと、
北の空の雲が、沈んだ夕日を浴びて幻想的な光景
を生み出していました。



今日も暑い一日でした。

posted by student at 16:35| 日記

2010年07月21日

サンマ・タイム〜朝の港町

ここ数年、梅雨明け後の夏は、私なりの
サンマ・タイム…

 マンガ・サザエさんの単行本の第1巻だったか
第2巻だったかに、サンマ・タイムという表現が
あり、「?」だったのですが、これは昭和20年代
に導入されたサマー・タイムを当時は、サンマ・タイム
と一般に呼ばれていたそうです。

 私のサンマ・タイムは…5時に起きて、朝飯前に
1時間半から2時間、朝のサイクリングを愉しむ
ことです。普段は始業時間よりかなり早目に職場に
入っているのですが、サンマ・タイムの間は、
ぎりぎりに出勤ということになります。

 今日はサンマ・タイムの初日…

 舞子海岸沿いの国道2号線に架かる歩道橋・
しょうらいばし(松籟橋)から見た明石海峡
大橋です。移情閣と明石海峡と、淡路の島影が
一望できるポイントです。



 国道2号線沿いの、この場所から見上げる
明石海峡大橋の光景が結構好きです。



 そして大観橋、明石の町の西、明石川の
もっとも河口に近い河口に架かる橋です。



 伊弉諾(いざなぎ)神社、明石漁港の
西の端近くにある神社です。



 この伊弉諾神社から東に100メートル
程の処にある伊弉冊(いざなみ)神社



 明石川の左岸(東)に広がる明石漁港には、
幾つかの神社と祠が点在しています。

 漁港には、古くからの漁村の面影を残した
町並みが残っています。



 伊弉諾神社から更に東に200メートルの
処には岩屋神社があります。岩屋とは、淡路島
の北端の町の名前です。



 さりげなく干しダコが…洗濯物のように
干されていました。




 漁港にあるガソリンスタンド、ここは自動車
というよりも漁船の給油がメインのようです。



エンジンを扱う店、



明石ネット、でもインターネットやパソコンの
店ではなくて、漁業で使う網(ネット)の店です。



 乗り合いの釣り船が、ちょうど出航するところ
でした。



 ブラブラとデジカメで写真を撮っていたので
2時間近く自転車で走って汗だくになってしまい
ました。でも走行距離は15キロ程です。

 帰宅してシャワーを浴びて、朝食を食べて出勤、
心地良い筋肉痛を感じました。

 JR京都線の事故の影響でダイヤが乱れて、
垂水駅のホームは凄い人、私の乗った上り電車は
積み残しがありました。電車の車間距離が短いのか
結構ノロノロ運転で、灘駅で遅延証明を貰いました。



遅延証明は久し振りに貰ったような気がします。

posted by student at 16:30| 日記

2010年07月18日

夏の朝

昨日梅雨明けして、今朝は快晴…

 しばらく梅雨空が続いていたので、今朝は
久し振りのサイクリング・



 舞子海岸の明石海峡大橋近くの岸壁は、
釣りを愉しむ方々がたくさん…



 大蔵海岸、明石の市街地を走り抜けて、
明石川の右岸・林崎海岸です。



 まだ朝が早いので、海の家はまだ閉まった
ままでした



 そして江井ヶ島海岸です。ここは数年前までは
海の家が建って賑やかでしたが、今では管理者も
なく、きれいな砂浜の割には静かで、私の
お気に入りの場所です。写真中央の奥が舞子海岸で
明石海峡大橋の主塔がかすかに見えます。明石海峡
の右側が淡路の島影です。



山陽電車の江井ヶ島駅、自転車や車でこの駅の
前を通り過ぎることは多いですが、この駅で
乗り降りしたことは、数えるほどしかありません。



江井ヶ島駅の北に広がる谷池・皿池…



 池の南側には山陽電車が走っています。
その向こうに見える山並みは淡路島の島影です。



 この池をまたぐように山陽新幹線の高架橋が
架かっています。ちょうど下りの新幹線が…



また海岸線へ… 



 県道554号線の標識がありますが、この道路は
自動車が走ることができません。正式名称は、
兵庫県道554号姫路明石自転車道線、海岸線沿いに
歩行者と自転車の道が続いています。



 砂浜沿いに道があって、そして屏風岩の景色が
続いています。彼方に明石海峡大橋がかすかに…



 自宅近くの坂、山陽電車の沿線に沿った道、
この光景が大好きです!



 途中で水分補給は1リットル、自宅に戻ると
汗がしたたるように…シャワーを浴びて、ちょっと
遅い朝食を食べて、やっと汗がひきました。

posted by student at 16:18| 日記

2010年07月17日

セミ

 昨日の朝、6時過ぎに家を出ると雲の
切れ間に青空が覗いていました。

 JR神戸線・灘駅を降りると…



セミの鳴き声が聞こえてきました。



 一昨日は、断続的に激しい雨が振る天気
でしたが、昨日は朝から陽射が強い一日。

 そして今朝は晴天、暑くなりそうです。
もうすぐ梅雨明け、そして真夏…


posted by student at 16:08| 日記

2010年07月15日

乾電池

乾電池…いろいろな種類があります。



 大きな単一電池は、リビングルームの掛け時計、
懐中電灯に使っています。単二電池は…探して
やっと見つけました。枕元の目覚まし時計、でも
我が家ではこれだけのようです。
 そして単三電池は、ラジオ、古いデジカメ、小さな
懐中電灯、テレビやエアコンのリモコンと結構使われ
ていて、買い置きをしています。細い単四電池も、
音楽プレーヤ、ポケットラジオ、照明器具のリモコン
と、これもかなり使われています。単五電池は、
寝室のエアコンのリモコンだけです。9Vの角型の
電池は、我が家では使われていないようです。

 乾電池を発明したのは、屋井先蔵という日本の
時計技師です。明治20年に寒冷地でも使える時計用
の電池として屋井式乾電池が誕生しました。この
屋井式乾電池を使用した地震計を明治25年のシカゴ
万国博覧会に帝国大学理学部が出展したのですが、
この屋井式乾電池をアメリカの会社が模倣して
Dry batteryという模倣品が舶来品として翌明治26年
には日本に逆輸入されたそうです。

 デジカメ、音楽プレーヤ用には、充電できる電池
ニッケル水素電池を使うことが多いです。その中でも
三洋電機のエネループが使い勝手が良くて愛用して
います。



 新しいデジカメには、乾電池タイプではない専用の
充電池・リチウムイオン電池が入っています。



 容量も大きくて便利なのですが、機種ごとに電池の
型番が違って、充電器も異なるのが不便です。

 車には、大きな鉛蓄電池が搭載されています。そして
電卓にはボタン型の電池…身の周りにはいろいろな電池
があるなあ〜と、先ほど、使い切った電池を始末しながら
ふと感じました。



posted by student at 15:49| 日記

2010年07月11日

投票

 しばらく選挙では、期日前投票の制度を利用して
いましたが、前回とそして今回は投票日に投票所で
投票を行ないました。

 今朝の神戸は、どんよりとした曇り空、ラジオの
天気予報では西日本は荒れ模様に向かうとのことで、
朝一番に投票所に向かいました。



 昨年の衆議院選の時はお昼前に投票所に行った
こともあってか、かなり混雑していましたが、
今朝、7時過ぎの投票所は閑散としていました。

 投票ついでに散歩、住宅地の中に、木造の
洋館風の古い建物、住居としてお住まいになって
おられるようです。



 自宅に戻ってすぐに明石の大蔵海岸にある
ディスカウントスーパーに買出しに出掛けました。
途中の山陽電車の踏み切りで、ちょうど遮断機が
降り始めて…



 スーパーからの帰り、JR朝霧駅の南、狩口の
交差点で信号が赤になって…。ここは国道2号線
から国道28号線が分岐する交差点です。



 見上げると歩道橋、この季節になると花火大会の
時の歩道橋事故を思い出してしまいます。

 …もうすぐ夏、今日の神戸も蒸し暑くなりそうです。

posted by student at 15:44| 日記

2010年07月03日

垂水の街

今日の神戸は朝から雨が降り続いています。
朝には時折激しく雨が降っていました。

 神戸の西の端・垂水。JRは快速電車が停車して
山陽電車は特急が停車、駅の西口と東口にそれぞれ
バスターミナルがあり、駅前は結構賑やかです。

 そんな垂水の街の中にある銭湯…というよりも
お風呂屋さんです。ここはまだ利用したことが
ありません。神戸が震災に見舞われて時、ガスや
水道が復旧するまでは、この銭湯に行列ができて
いたのを目にした記憶があります。



 垂水の街の真ん中、東口と西口を結ぶアーケード
商店街・垂水センター街です。お昼前や夕刻は
賑やかですが、朝6時前は、シャッターが閉まって…



 垂水駅の西に広がる丘陵地帯へ至るバス道、
この坂を垂水坂と名付けた地元のケーキ屋さん
たるみ坂・レーブ・ドゥ・シェフは、今は駅前に
店舗を構えて、この坂にある店舗跡は工場に
なって…。この坂をたるみ坂と呼ぶのを最近
耳にしたことがありません。



 通勤の行き帰りや垂水の駅前でショッピング
する時に目にする、私にとっての日常の光景
です。

posted by student at 15:39| 日記